『エンジニア』として生きる

晴海で働く『エンジニア』がブログをはじめました。

転職を考えるあなたへ

はじめに

先日、昔の部下から転職相談の連絡が来た。
私の取材記事を見つけて、連絡してきてくれたらしい。
今にして思えば、彼の上司であった当時の私は自身の知識不足・力不足が明らかで、彼に対して何の環境を用意してあげることも、支える事も出来なかった。
結果として、会社を去る選択をさせてしまった。
なんというか、苦い失敗として残っていたので、連絡があり嬉しく思いつつ、「今度こそは!」という思いもあった。
その話をきっかけに記事を書いてみようと思った。

なぜ書くのか

自分の知識不足・力不足で当時何もしてあげられなかった分を取り返すように、時間をかけて自分の考えや意見をしっかり伝えた。
さらに話を聞く中で、良くない考え方や偏った考え方と思うことは、率直に伝えた。
その結果、晴れやかな声で思いが聞けたこと、そして、あの時、しっかり関われなかった自分自身の禊が済んだような感覚があった。
その出来事に満足して終わるだけではもったいなく感じ、その話した内容を振り返ってみた。
そこで気付いたのは、彼に伝えた考えや意見、アドバイスは、自分の仕事感と密接に関わっているのでは?と思ったので、受け答えを一般化してダンプしようと思った。

何を書くか

彼には、転職をしたいと思ったときにしっかり立ち止まって考えてほしいことを話した。
その中から一部を一般化して、自分自身の仕事やキャリアに対する考え方についてをまとめてみる。

転職は一つの手段

転職は、

  • 新しい挑戦
  • 自己実現
  • 収入アップ
  • 辛い現状からの避難
  • ・・・etc

など、何かを手に入れるための一つの手段にすぎないと思っている。
目的と手段をしっかり見定めて、何のために転職という手段を取るのか?を考えてほしい。

私のスタンス「転職自体は肯定も否定もしない」

まず初めに伝えたのは、転職という手段について、私は肯定も否定もしないということ。
あなたのキャリア・人生は、あなたが責任を持って選択をするべきだし、その選択の結果がどのようになっても、あなた自身が受け止めてあげてほしい。
それでも、何回も転職を経験した身として、人事や採用面接の担当者の経験を多く積んでいる身として、経験談や考え方は伝えたいと思う。

「営業も上司も現場のエンジニアのこと何も理解してくれない」

転職の動機として、よくあるきっかけのひとつ。
でも、過去の経験的に本当に理解してもらえない環境にいた人って半分程度の印象。

  • 現場のことを伝えていましたか?
    • 人と人は対話無しに理解し合えない。
      • 気付いてほしい。気にかけてほしい。そんな受け身では多くの場合理解してもらえない。
      • 話をするために正しく対話する機会を作らなければいけない。
    • 話した伝えたは違う。
      • 相手が認識して、理解して、はじめて伝えたことになる。
      • 理解してくれるまで、しっかり伝えたと言い切れるか?
    • 同じ意見でも、言葉選び話し方タイミングで伝わり方が違う。
      • ただの愚痴と取られるような言葉選びになっていないか?
      • 建設的な意見として話せているか?
      • 相手が意見を受け止められるタイミングを選べていたか?
      • 正しい伝え方で伝えたと言い切れるか?
  • 現場の課題は、他の視点から見ても優先的に解決すべき課題でしたか?
    • 異なる職種や立場には、異なる論理が存在する。
      • 異なる視点を理解せず、身の回りだけを優遇するように要望してませんか?

「もっと裁量のある環境で働きたい」

こちらも、よくある転職理由。
ただ、自身で掘り下げて考えてみることをおすすめする。

もとめる裁量は具体的にどういうことですか?

例えば、もっと自由に提案をできるようにしたいという場合、現状では何故それができないのか?を考えてみると良いと思う。
転職をするにしても、そこに気づき対策が打てるようにならないと、同じことを繰り返してしまう。

  • そもそも提案できる会議に呼ばれない。
    SESとしてのチーム参画で会議は社員だけといった場合や、自社でも若手は会議に出られない環境は現実問題としてある。
    本気で提案したいなら、喫煙所や酒の席、ランチの場など手段を選ばずにやりようはある。
    必ず通したいという熱い思いがあるのであれば、真っ向勝負ではない手段も考えたほうがよい。
    一つの作戦として、意思決定者の上や横の関係の人との関係を作るという手もあったりする。
  • 提案が受け入れられない。
    受け入れられない理由のフィードバックを得られるかで変わってくる。
    おそらく、理由は大別すると大体3つのいずれかだと思うが、理由が分かることで対策が打ちやすくなる。
    (もちろん、対策の一つとして転職という行動もある。)
    • そもそも提案の内容が良くない
      • どこが良くないのかを考え、提案内容を練り直す。
    • 提案はよいものだが、実践できない理由がある
      • 良い提案を実践できない理由は、チームが抱える課題。
      • その課題を解決することで、提案も通るし、信頼も得られるし一石二鳥。
    • あなたの提案だから、受け入れられない
      • あなた自身の普段の行動や成果に課題があるか、提案先の相手が好き嫌いの感情で判断をするという残念なパターン。
      • どちらなのかを見極め対策が必要で、後者の場合は真っ向勝負は避ける作戦を練り直したほうが良い。
  • 技術や方針の決定に関われない
    例えば、もっと新しい技術を取り入れたいと思った場合、その技術で何が出来るか、何が得られるかを意思決定者の目線で説明出来ていますか?
    その提案がてきなければ、多くの場合で決定権を持ったとしてもチームに説明ができないことが予想されます。
    時に「ただやってみたいから」という熱い思いでの提案も大切ですが、権限と責任はセットで存在します。
    責任感をもって取り組むことをセットで権限を取りに行く方法が良いと思います。

「もっと収入をアップしたい」

短期的に見て手っ取り早く収入をアップするには、私が知る限り転職がベターです。
給与という評価は個人のスキルで絶対的につくものではなくて、企業が抱える課題の解決手段と個人の持つスキルのマッチ度で相対的につくものだから。
ただ、収入アップが目的だとしても、中長期的に見た場合で転職という選択が必ずしも最善とは限らない。
自社の評価制度や、先輩や上司の話を聞きながら冷静にジャッジした方が良い。
転職時に給与は一気に上るが、入社後の昇給はほぼないという会社も結構あったりする。

「技術的に尊敬できる人が社内にいない」

私は、必ずしも技術的に尊敬できる人が社内にいる必要はないと思っている。
外部のコミュニティであったり、SNSであったりで確保することも一つの方法だと考えている。
あなたが、社内にそのような存在を求めるとき、あなたの描くキャリアパスによって選ぶ方法が変わる。

  • 将来的に新規事業を立ち上げたり、マネジメントや経営に関わりたい
    • 技術的な領域は一度横に置き、その中で技術的な分野以外で尊敬できる人を見つける。
    • セールスや事業責任者、経営層との距離を縮め、先に学べるものを学ぶ。
  • ずっと/当面、技術を一定以上まで習得したい/極め続けたい
    • 尊敬できる人を採用できるように働きかける。
    • 採用ではなくても接点を作れる働きかけをする。
      • 業務委託や外部から顧問としての招聘など

一番伝えたかったこと

あなたが精神的や肉体的に追い詰められていているのであれば、一切何も考えずに転職(まず退職)をするべきだと思う。
自身の健康や幸せ以上に大切にすべき仕事は、世の中にそうはない。

もし今、あなたがそこまで追い詰められていないのであれば、今いる環境でやりきったと思える状態での転職をおすすめする。
転職はポジティブな考えでやった方がうまくいく。
これは、自分の経験からもそうだし、周りの転職成功者を見ていても思う。
気持ちや体力に余裕があって、転職をぼんやり考えている状態であれば、やりきったと思える状態まで考えて行動してみてほしい。
転職したとしても、しなかったとしても、やりきろうと取り組んだその考えや行動は、必ずキャリアでの財産になると思うから。

おわりに

彼からの相談は、初回に通話で1時間程度、その後1日に数ターンのLINEで1週間くらいになった。
転職相談の最後は通話だった。
元気な声で相談してよかったと言ってもらえて、罪滅ぼしが出来た気持ちでいっぱいになった。
コロナが落ち着いたら、じっくり飲みに行きたいな〜と話して、転職相談は終わった。

その後、この記事を書こうと思ってから、1週間くらいかかっている。
少しづつLINEを見返したり、会話を思い出しながら書き留めた。
そして、あくまで私の考えであるという前提で、誰かの考えを否定しないような表現になるよう気をつけた。

たまたまこの記事を読んだ転職を検討中の人や、仕事でなんとなくのモヤモヤを抱えている人の気付きの一つになったら、とてもうれしく思う。

参考:当時、彼が私に抱いていた思いを聞いてみた。

忖度なしで答えますという前置きで聞けた思い。

  • ガムシャラ過ぎて彼との温度差があった
  • クールっぽく振る舞うけど、ちょいちょい松岡(修造)って空回ってた
  • いつも、教科書どおりの答えで、私の言葉は聞けなかった
  • DB設計の話だけは、経験談私の言葉があって参考になった。
参考:彼が出した結論
  • 転職自体は、ポジティブな意味でもしたいと考えているので、情報収集やカジュアル面談は継続する。
  • ただ、現職でやりきっていると胸を張って言えないと気付いたので、まずは年内は考えて行動してみる。

サービスの立ち上げと終了に携わるということ

エンジニアとしてのお仕事

平日の日中は、事業会社でエンジニアリングマネージャーを名乗り、開発組織のマネージャーを担当している。
役割的にも自身の技術力的にも、実務としての開発業務をやってしまうと組織としての不具合が起きるので、マネジメント業務に専念しようと決めた。
それでも、それなりにエンジニアをやってきたこともあったり、持っている知識が陳腐化したり技術に疎くならないようにと考え、複業でフリーランスの週末エンジニアを開業した。
今日は、複業で最近携わっているお仕事について書いてみることにした。

複業は何をやっているか?

複業のフリーランスでは、一応

なんかを対応可能案件としてお受けしている。
今までお受けした案件としては、DB移行、エンジニア採用の面接代行、若手エンジニアの外部メンターなんかを細々とやってきた。

最近お受けしたお仕事

今回、約1年ぶりにブログを書こうと思ったきっかけは、最近お受けしたお仕事でちょっとしたエモい気持ちになったからだ。
最近お受けしたお仕事は、サービスサイトの閉鎖対応。
何を隠そう、以前、自分自身がPdMとして立ち上げに大きく携わっていたサービスサイトの閉鎖を仕事としてお受けすることになったのだ。

何故、サービスを閉鎖するのか?

もともと、経営判断として事業縮小の判断がされたため、新しいチャレンジを!と考え私はPdMを離れることにした。
純粋に事業ドメインに対して選択と集中の意思決定されたのだと思う。

このサービスは、運用コストに対して売上もそれなりに確保できていた。
今回、事業撤退の判断が下った一つの要因として、私自身がいなくなったことも少なからず影響しているのだろうと思う。
私は、純粋な技術力としては決して高いものを持っているわけではないが、小さな企業において企画・開発・マーケティング・プロモーションを担当し、更には営業までやってしまうという役回りは、それなりに重宝されていたと思う。
そんな中、唯一のエンジニアがいなくなり、外部委託で食いつないだりしていたが、ムリがたたり今回の決断に至ったのだと思う。

サービス閉鎖というお仕事

サービスを離れて新しい環境に移ったあとも、それなりに良好な関係を保てていたため、お仕事の依頼が来た。
まずは、サービス閉鎖にあたり何から始めればよいかの相談からだった。 システム屋のお仕事よりも前に、契約中のお客様の状況確認、利用規約を元にしたリーガルチェックサポート、顧客対応も含めた撤退方針の策定などなど、すり合わせから初めた。
この時は、まだ特別な気持ちは湧かず、至って冷静に淡々とお仕事として関わることが出来ていた。

サービス終了を目前にして

ちょっとしたエモい気持ちに満ち溢れている。
数年前に間違いなく携わっていたという思い、開発時の緊張感や、ヒリヒリ感。
経営層やビジネスサイドと、もはや関係修復不可能なのでは?という程ぶつかった。
そんなことを乗り越えての、サービスオープンの時の達成感、感動、開放感。
立ち上げ後のビールの旨さ。
初受注の日の喜び。
受注後のビールの旨さ。
その一つ一つが、割と鮮明に思い出されて、ちょっとエモい感じになっている。
自分たちの手で作り上げたもの、自分の手で幕を下ろすということに。

これからについて

複業を初めた当初の目的とはズレ初めてきているが、それはそれで楽しめているから良いのではと思っているのも正直なところ。
ただ、ちょっとは実際の開発にも触れていこうと思っている。

ブログをはじめようと思ったきっかけ

ブログを始める。

もう10数年前、社会人になりたての自分は、この歳になっても『エンジニア』という生き方を続けているとは絶対に想像しなかった。
それほど、就職活動の時は『エンジニア』というものに強い思い入れはなかったし、飽きっぽい性格も手伝って、すぐに違う生き方を選ぶと思っていた。
でも、今現在、事実として『エンジニア』という枠組みの中で生きているし、おそらくこれからも形を変えたとしても『エンジニア』として生きる気がしている。
そんな決意表明にも似た気持ちで、今までの棚卸や、素直な悩み、これからの展望を形に残そうと思い、ブログをはじめてみようと思った。

3度目の転職

2019年3月、3度目の転職をした。
転職に至ったきっかけは、いくつもある。
ポジティブなもの、ネガティブなもの。
でも、一番大きなきっかけは、もっとワクワクする成長がしたいと思ったことになる。

『エンジニアとしての自分』のポジションが組織で確立されてしまった。

3社目となる前職は、分社化や子会社出向も含め、トータルで4年在籍することになった。
『自社サービス』を創りたい、育てたいという一心で、事業会社に転職した。
いわゆる営業ドリブンな事業会社あるあるの、エンジニアの一斉退職ブームを乗り越えた数人のエンジニアで、Webサービスから社内インフラまで全ての面倒を見る自転車操業的に運用保守に追われていたし、その背景からも、積極的なIT投資を行わず、時代に逆行するかのような外部委託に依存したエンジニアリング組織になっていた。
世に名の出るエンジニアに比べると、技術力はカスみたいなものしかなかったけど、アプリ・ミドル・インフラまで広く浅い知識をもっていて、いわゆるエンジニアよりも少しだけ口が上手かったこともあり、その組織においてエンジニアとしてのポジションを確立することに、まったく時間がかからなかった。
そして、入社半年でシステム開発部のリーダーとなった。

なかなか抜け出せないジリ貧の日々

エンジニアリング組織のリーダーとして、少ない予算でやりくりしつつジュニアクラス(時にエントリークラス)のエンジニアを業務委託として外部から調達し、今を戦うために教育をしながら、多過ぎる技術的負債と立ち向かい、ビジネスサイド内での対立する改善要望を、調整し実現する日々。(本当に子供の喧嘩の仲裁みたいなことも多々あった。)
相変わらず自転車操業ではありながらも、誰も仕様を把握できていない状況は脱しつつあった。

それでも、気付いてしまう。
異なる思想、異なる目的のサービスを、お金も時間もないので、取り合えず同じ鍋に入れてグツグツ煮込み続けてみました!みたいな密結合で陳腐化し続けるサービスを、このまま回していてもジリ貧であると。(しかも、この鍋が過剰なオンプレ環境)
自分の頑張りだけではないが、開発部という組織に対する見方が変わり始めていたこと、ビジネスサイドからも強い要望として出ていたリニューアルという後押しもあり、ボード層からリニューアルプロジェクトの『準備を始めること』の承認を得ることができた。

プロジェクト計画を立てる

実務から離れているものの社内でたった一人の先輩エンジニア、ビジネスサイドの代表者と共にプロジェクト準備を進めた。
イニシャルコストがどれくらいで、ランニングコストがどれくらい削減できて、イニシャルを5年償却の間にペイできます!みたいなそろばんはじいたりもしながら。
そして、ボード層へのプロジェクト提案を乗り越えた末に念願のプロジェクト承認を得た。
こうして、システム分割を伴う、フルリニューアルプロジェクトがスタートした。
(この辺りは、また別の機会に書き起こしてみたいと思う)

初めての経験、『ユーザーPM』

システム分割を伴うリニューアルプロジェクトは、同時に3つ走り出した。
その中で2プロジェクトでユーザPM、残りの1プロジェクトはPMO、それぞれプロジェクト期間は同じですが何か?みたいなハードワークも、強いワクワクがあって、まったく苦ではなかった。
朝7時に出社して、夜の10時頃にそろそろ退社なんていう、割と高稼働な時期が続いたが、むしろ、毎日が新しい発見や、新しい出会い、大小数えきれない失敗の繰り返しで、社会人生活で一番充実してたし、一番ワクワクもしてた。もちろんドキドキ不安になることもあった。
失敗も繰り返しながらも、何とか3つともサービスインを迎えた。
(この辺りは、また別の機会に書き起こしてみたいと思う。 2回目)

達成感と共に新たな挑戦

リニューアルプロジェクトを完遂後、燃え尽き症候群になる時間もなく、ビジネスサイドへの人事異動となった。正確には、ビジネスサイドもエンジニアリングサイドも含めて、事業丸ごとを所管することに。
ワクワクした。ドキドキした。
ユーザーPMとして一定の達成感を得ていた自分にとって、この挑戦はチャンスだと感じた。

ワクワク去って、またワクワク

エンジニアリングも含め、事業全体を見るようになって1年。
会社から与えられた目標数字も、何とか全月達成を続けている中、いろいろな状況もあって別事業も所管することになった。
社内呼称は別の呼び方があったが、特定業界向けのいわゆる『広告代理業 兼 制作会社』の事業。
時を同じくして分社化が行われ、立ち上げメンバーの中でも、それなりに必要とされるポジションについた。
2事業になっても、会社から与えられた数字に対する達成責任は果たしていた。

『エンジニアリング』に対するワクワクを失いかけてた

学生時代から劣等生であって、社会人になっても決して順風満帆ではなかったなかで、怖すぎるくらい順調で充実した数年を過ごしていた。その中で、いろいろな事情が絡み合って、外部調達のエンジニアを段階的に減らしていく方針が出た。
『事業縮小』方針の決定。
手前味噌ではあるけど、上からも下からも横からも、もっと言えば斜めの立場の人からも大多数に評価され、必要とされ、感謝されている実感はあったし、自分でやるとコミットさえすれば、そう遠くないうちにもう一つ上の役職に就けたと感じている。
事業縮小という現実と向き合っても、完全撤退ではない以上、やり続ける意思があれば、それなりに上手くいく未来があったと思う。
それでも感じる、なんとなくのモヤモヤを持ち続けている中、今、この時、自分はエンジニアだと胸をはって言えるか?という自分への問いにたどり着いた。
エンジニアリングに対するワクワクが圧倒的に減っていると感じた。

では、次に何をやるか?

モヤモヤがつのり、ワクワクへの渇望のなか、適度な余裕を持ちつつも張り続けていた糸が切れる出来事があった。
別に、その状況に不満を垂らすつもりもないし、愚痴を言うつもりもなかった。あぁ、今がタイミングなんだなと思い、退職届を提出した。
もちろん、次の職場は決まっていなかったが、失敗を乗り越えてきた自信や、少しずつ蓄えてきた知識や経験で、すぐに仕事が見つかる自信はあった。
SIやSESに戻る気はサラサラなかったし、事業会社というくくりの中、何がやりたいかを考えたとき、浮かんできたのが『人材』『教育』というキーワードだった。

順調に出る内定。でもなんか違うと感じ始める。

有休消化に入って、2週間。順調に内定が出始める。
『人材』『教育』を軸に会社を探し、選び、選ばれ始めた。
どの会社もワクワクできるような事業だったし、魅力的なオファー内容だった。
それでも、なんか違うって思いが付きまとっていた。本当に感覚的なものだったけど。
モヤモヤしたときは、書き出して、可視化してみると良いと思っている。
やりたい事/やりたくない事、ワクワクする事/イライラする事。
そして見えてきたものは、人材事業でもなく教育事業でもなかった。
もっと言うと、事業内容なんてそこまでこだわってなかった事に気が付いた。

本当にやりたいことは、エンジニア組織を創り育てることだった。

紙に書きだし可視化された自分自身の思いを俯瞰した、自分自身が本当にやりたいことは、エンジニア組織を創り育てることだった。
それも、自分一人で引っ張て行く組織ではなく、自分より何か圧倒的に優れた能力や経験を持つ仲間と、考え、議論し、試行しながら、エンジニアがワクワクできる組織で、その組織を通じて、ビジネスサイドの人間も一緒にワクワクを共感できるエンジニアの組織を創り育てることだと気が付いた。

では、どこにジョインするか。それもまた悩みの種となった。

最終的には2桁に届く企業から内定をもらえたが、紙に書きだし気付いた本当に自分がやりたい事、ワクワクする事にチャレンジできそうな企業は絞られた。
定性的に絞り込んだら、定量的に絞り込めばいい。そう思い、雇用形態や制度、オファー内容はそれぞれ一長一短あり、別の迷いが出てきたので、ポジネガを書き出して点数化して比較をした。
すると、何の因果か、同点だった。

時にめぐりあわせの運もある。

そこで、最終的にはあみだくじで決めた。
これに関しては、現職の人間には当分話せないが、やりたい事が出来そうな企業に、運も手伝いジョインを決めた。

入社し1ヶ月。今思うこと。

今、久しぶりにワクワクしている。
良くも悪くも課題感が見えてきたので、できるのか?っていうドキドキもあるけど。
それも含めて、今、ワクワクしている。

これから起こす失敗、たどり着ける成功、今までの失敗、今までの成功。それをブログという形で残していってみようと思っている。